プラズマクリーナーなら細かなものでも洗浄できる

プラズマクリーナーを使えば、かなり細かな部品であっても壊すことなく汚れを除去することが可能です。最近では電子部品の小型化が進み、集積された電子部品はちょっとした力がかかるだけでも、負荷がかかって悪影響を及ぼす恐れがあります。だからこそ非接触で洗浄できることが求められます。ただし高い洗浄力がなければ、意味がありません。

小さくて細かな電子部品であれば部品同士の隙間にある汚れがしっかり取れるかも心配になります。プラズマクリーナーなら汚れに非接触で直接働きかけて分解除去できるので、集積された回路でも問題なく洗浄を行うことが可能です。洗浄剤や水を使った洗浄手順では、肝心の汚れが取れても、残留物が残るおそれがあり適していません。乾燥しても集積された部品の隙間に水が残って蓄積してしまうでしょう。

それでは汚れを取り除いたとしても、全く意味がありません。プラズマクリーナーのプラズマは、直接汚れを除去することは可能です。素材の表面や、汚れに対して励起した分子が働きかけて、分解を始めます。分子レベルで行われていることなので、いくら集積された細かな表面でも、全く意味がありません。

しっかりと汚れだけを除去することができます、洗浄したあとは素材の表面も改善されて、コーティングなどの定着に対して大きなメリットがあると考えられています。この場合でも表面を改善できれば細かな集積回路も同様にきれいに処理することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です