プラズマクリーナーで表面の洗浄と改善

プラズマクリーナーは非接触で素材の表面を洗浄し、改善することができます。プラスチックやガラスm金属などは加工中に汚れがついたり、製造のための潤滑油などから飛んだ油膜が張っていることがあります。このような状態では、コーティングなどの処理ができないため、洗浄しなければいけません。だからといって水分やアルコール等による洗浄では、乾燥の工程が追加で必要になったり、残留物が残って汚れと同じような影響を与える恐れがあります。

このような問題を解決できるのがプラズマクリーナーです。プラズマクリーナーは、プラズマの力で素材の表面についている油膜などの汚れを分解して除去することができます。分解された汚れは分子レベルでプラズマに吸収され、他の汚れに働きかけるので、再癒着するようなこともありません。素材の表面に力や熱などの影響を与えないため、変性の恐れも心配ありません。

完全に汚れだけに働きかけることが可能です。またプラズマは素材の表面にも、影響を及ぼします。汚れが除去された表面は、安定していてきれいに状態です。ここにプラズマを当てることで、表面の分子にもはたらきかえて表面を改善することができます。

その結果として、メッキやコーティングなどがきれいにのることとなり、耐久性が向上します。これを表面改善と呼びます。このようにプラズマクリーナーは表面の洗浄と改善をおこなことができるので、素材の前処理に適したクリーナーと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です