高齢者施設で活用できるプラズマクリーナーの性能

現在は日本はもちろんのこと、イタリア・アメリカ・イギリスの先進国でも日頃から徹底した除菌行動を声高に叫ばれています。これほど世界各国で清潔な環境作りをおこなうのは、異例であり戦後の世界では初めてです。事の発端は2020年2月に、中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスに起因をしています。これまでの肺炎とは異なり、明確な治療法もいまだに確立されていません。

我々におこなえることは、如何にしてウイルス感染を予防できるのかということだけです。新型コロナウイルスは若い世代であれば、感染をしても無症状となって発症をしない特性があります。ところが60歳以上の高齢者が感染すれば命の危険もあるので、徹底した除菌を求められるわけです。日本国内には2021年1月時点で、約190万件もの高齢者施設があります。

この施設で感染予防をおこなうには、プラズマクリーナー」を導入するのが効果的でしょう。プラズマクリーナーとはヘッド部分に陽電子を照射する機能があり、床やソファ・ベッドなどで使用すればウイルスを除菌することが可能です。ウイルスはタンパク質で構成されているため、プラスの電荷を帯びるとその細胞を消滅させることができます。高齢者施設内では、一般的な掃除機よりもプラズマクリーナーを使用して徹底した除菌に努めるのが望ましいです。

クリーナーとしての機能もしっかりと備わっているので、一般家庭で導入しても良い家電になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です