日本メーカーが世界に発信するプラズマクリーナー

一般家庭はもちろんのこと、会社が学校・パチンコ店でも1時間に1回はアルコール消毒を至る箇所でおこなって、清潔な環境作りに余念がありません。日本だけに限ったことではなく、今ではこの行動が世界のスタンダードとなってしまいました。この行動の要因となったのは新型ウイルスが蔓延する時代になったからであり、これから数十年は極一般的な行動とみてとれることでしょう。日本は以前から世界屈指の清潔な環境を維持する国であり、各家電メーカーでは空気清浄機やプラズマクリーナーなど他の国では生産されていない家電を、数多く生産してきました。

そのなかでもプラズマクリーナーは今では世界各地に輸出をするホームアイテムとなり、2020年12月までに約5、100万台もの機器を輸出したほどです。ここで簡単にプラズマクリーナーの特徴を見ていきましょう。プラズマクリーナーは陽電子を発生させる装置が本体に組み込まれており、床やベッドなどに照射をすることが可能です。ウイルスはタンパク質で構成されているため、陽電子つまりプラズマを浴びると細胞単位で消滅をします。

この特性を活かしたクリーナーであり、以前は病院やクリーンルームで活用されていました。日本でしか今現在は生産をなされておらず、世界各地からの需要が急激に高まったものです。家庭用の製品はワイヤレスの軽量化をなされており、通常のクリーナーとしてしっかりと塵やホコリを吸引する能力を有しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です