プラズマクリーナーの原理と利用される場面

プラズマクリーナーはプラズマの原理を応用した洗浄装置であり、様々な場面で広く利用されています。一般的にプラズマと言うと雷の原理を思い出すことも多いのですが、その特性は瞬間的に高電圧を発生させ周囲の微細なものを粉砕してしまうと言う効果を持っているのが特徴です。この効果を利用して様々な対象物に照射することにより、これらを粉砕し吹き飛ばしてしまうと言う効果を持っていることから、比較的広い面積の細かなほこりなどを除去するために非常に有効なものとなっています。しかしその反面、プラズマが照射された部分は表面が荒れてしまうため、使用する場所を選ばないと悪影響を及ぼしてしまうため注意が必要です。

この性質を最も効果的に利用することができる場面が、電子機器のプリント基板の洗浄です。プリント基板は様々な素子を搭載しこれをパターンと呼ばれる印刷された導線を通じて電気的に接続することができるため、電子機器の動作を実現する上で非常に重要なものとなっています。現在では特に表面にこれらの素子を貼り付けて電子回路を構成する仕組みが一般的となっており、そのため部品は強固な接着をすることが必要となっていました。プラズマクリーナーを用いることで表面のほこり等を簡単に除去することができ、さらに接着面を荒らして表面積を増やすことができるため強固な接着を実現することができるのが特徴です。

そのため、プラズマクリーナーは電子機器の製造には欠かせないものとなっています。プラズマクリーナーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です