定額制Wifiを使って自宅内外でネットを楽しむ

スマートフォンと自宅用の固定回線を同時契約している場合は、1万円を超えてしまう事も不思議ではありませんが、若い方の場合は大きな出費になってしまっているケースがほとんどです。
出来る限り毎月の通信を節約したい方は、通信手段の見直しをするのがおすすめであり、定額制のモバイルWifiルーターを使うと確実に割安に出来るでしょう。

大手の定額制モバイルWifiルーターは、マッチ箱よりもやや大きい程度のコンパクトなサイズで商品が提供されている事が多く、自宅では専用のクレードルを使い、外出先ではポーチに入れて持ち運んで運用するとストレスなくインターネットを楽しめます。



ルーターは、公衆無線LAN契約を結んでおけば、月額基本料金を支払っておくだけで使い放題になり、更にオプション料金を支払えば利用出来るスポットが増加します。

定額制Wifiルーターの月額料金は、4千円前後が一般的になっていて、3年契約などの長期契約を結ぶ事で2年契約よりも割安になるので、長く使い続ける場合は3年契約を選択しておくのが良いでしょう。サービスを解約したいと思った場合は、37か月目・25か月目といったタイミングに限って解約が無料になっている事が多く、それ以外の期間に解約してしまうと解約手数料が発生します。



短期で解約した場合は1万円台や2万円台の解約手数料が発生し、38ヶ月目以降の解約手数料は1万円程度になっている事から、この点に注意して契約を結ぶようにしましょう。



top