プラズマクリーナーを利用する際の注意

プラズマクリーナーはプラズマの原理を利用して表面の汚れを取り去り、また適度にその表面を荒らすためにプリント基板や塗装を行う前の素材の洗浄などに広く利用されることが多くなっています。プリント基板の場合には部品の接着を強固にすることができるため製品の歩留まりを高めるのに役立ち、また塗装面の洗浄は塗料のノリが良くなると言うことから近年では一般的に利用されているのが特徴です。しかし、プラズマクリーナーはプラズマの原理を応用しており、瞬間的な高電圧によって様々なものを粉砕する力を持っているため、その利用には十分な注意が必要となります。プリント基板の場合には微弱な電流で塵などを粉砕するレベルに調整することが必要であり、その電圧が高すぎると基板自体が破損してしまうことになるため注意をしなければなりません。

同様に塗装面の洗浄をする場合であっても、電圧が高すぎると必要以上に表面を傷つけてしまうことになりなめらかな塗装を行うことができないほか、場合によっては材料自体を破壊してしまうことになるので注意が必要です。最近のプラズマクリーナーは自動的に電圧が制御されるようになっており、また何らかの要因で高電圧が発生しそうな場合にはこれを防ぐための様々な仕組みが取り入れられています。ただしその取り扱いには十分に注意が必要であるほか、対象によってはその調整を確実に行わないとトラブルを発生させてしまうことになるため十分に注意をしなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です