プラズマクリーナーの歴史と現在の活用事例

日本は世界屈指の産業大国と呼ばれており、特に家庭向けの家電の生産技術は右に出るものがないほどです。1960年代後半から、国内では白物家電を生産する会社が続々と登場しました。大阪には3つの有名メーカーがあり、それぞれが国内だけでなく世界でも支持されるものを生産していたほどです。そのなかのひとつでは、プラズマの力を応用したプラズマクリーナーといいう掃除機を2000年に開発販売をしました。

プラズマとは陽電子の事を指しており、ダニやハウスダスト・ウイルスを取り除く作用を持っているのが特徴です。このマシンがヒットして、エアコンや空気清浄機・洗濯機などさまざまな家電に応用されるに至りました。ここでは簡単にプラズマクリーナーの歴史や活用事例を見ていくことにしましょう。プラズマクリーナーの開発がスタートしたのは、1996年からです。

大阪市に本社を構えていたメーカーが研究をおこない、花粉症や喘息といったアレルギー症状で悩む方々の生活環境を改善できるものを商品化する案があがったわけです。その候補として名乗りをあげたのがプラズマで、狙い通りの高い効果を発揮しました。現在はハウスダストの除去だけでなく、ウイルスの滅菌に主軸を置くものが登場しています。2020年2月以降、各地で新型コロナウイルスが蔓延しているからであり、今後はプラズマクリーナーによって室内環境を安心・安全に保てるようになることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です