効率良く住まい空間を良くするプラズマ洗浄装置

感染対策をいう言葉に、敏感になっている方は多いことでしょう。2020年4月、日本では史上初めて緊急事態宣言を発令されました。戦後初の国内全体に緊張が広まった一瞬であり、約1ヶ月もの間他府県へ移動をすることさえ禁止をなされたほどです。これはすべて2020年2月、中国で発生した新型コロナウイルスの影響によるものです。

日本だけでなくイギリスやフランス、インドでもロックダウンをなされており、今でも毎日世界で大勢の方が犠牲となっています。新型コロナウイルスにはまだ、治療薬はありません。ワクチンの製造も追いついておらず、われわれに出来ることはウイルスに感染しないようにすることのみです。どうしたら感染を防ぐことができるのか、この手助けをしてくれるのがプラズマ洗浄装置です。

1999年に大手家電メーカーが初めて生産をした装置であり、以前は空調機の付加価値という程度でしか備わっていませんでした。今では新型コロナに対抗するための切り札となっており、プラズマ洗浄装置の生産をほかの家電メーカーと協力して急ピッチで進められています。プラズマ洗浄装置の特徴は、陽電子というプラズマと紫外線を空気中に照射をして、浮遊しているウイルスを消滅させられる点です。実際に厚労省が実験をしたところ、3分間の駆動時間で100平方メートル範囲のウイルスをすべて消滅させることに成功しました。

一般家庭ならこの装置を導入すれば、良い住まい環境となります。プラズマ洗浄装置のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です