有機物除去にプラズマクリーナー

プラズマクリーナーを使うことでいろいろな素材の有機物の除去が可能です。光学材料や樹脂製品、金属など加工する際にはいろいろな有機物が付着します。それは加工時に使う潤滑油などさまざまな要因が考えられますが、完全になくすことは不可能です。そのため次の工程に進む前に除去しておかなければいけません。

残留物はすべて品質の低下につながるからです。プラズマクリーナーのメリットの一つは非接触で、母材に影響を与えず処理できることです。利用するのはプラズマ現象と呼ばれるもので、一般では蛍光灯などに使われている技術です。表面にプラズマを発生させると付着している有機物は分解されて、プラズマの一部として吸収されてしまいます。

そのため残留物がなく、ほぼ完全に近い除去率を達成することが可能です。それは選択的に取除くのではなく、強制的に分解されるからです。プラズマクリーナー以外のクリーナーでは、洗浄後に残留物を除去しなければならなかったり、乾燥などの工程が必要になる恐れがあります。それは効率の低下に繋がり、生産性が下がってしまいます。

そのような余分な工程を必要とせず、清潔にできるのは大きなメリットなります。母材に力を加えないので、目に見えない影響によって製品不良につながるような恐れもありません。製造工程中の余分な処理は、後々の品質や耐久性の低下に繋がります。不良を避けるためにはプラズマクリーナーの導入を検討した方がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です