プラズマクリーナーで水滴がなくなる

プラズマクリーナーを使うことで表面の改質が行われることは、大きなメリットとして考えられています。その原理はプラズマの分解作用に共通しているものです。製造工程中ではいろいろな薬剤や油が使われます。それは加工で必要なもので、使わないわけにはいきません。

プラズマはこのような有機物を分解して除去します。有機物は分子レベルで分解されて、取り込まれてしまうので戻るようなこともありません。プラズマクリーナーによる表面の改質も同じようにプラズマの現象によるものです。素材の表面も分子の結合によってできています。

分子の結合は強くなればなるほど水滴を浮かすぐらいまで疎水な状態になります。それでは表面処理を行うときに塗料などの薬剤が弾かれてしまって使えないということです。仕上がりが表面処理ができないことは見た目の質が下がるだけでなく、耐久性や耐食性の効果も下げてしまいます。プラズマクリーナーと使うと素材の表面の親水性が向上し、水滴がなくなり液体が表面にまとわりつくようになります。

この状態であれば塗料も接着剤ものりが良くなり、効果を最大限に引き出すことが可能です。水滴が丸くなっているということは。疎水性つまり水を弾くことを意味しているので、塗装や接着にはとても悪い影響を与えてしまいす。プラズマクリーナーの表面改質で親水性にすることで、接着剤が馴染み、塗料が均一に塗ることができるなどのメリットが見られるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です