プラズマクリーナーを利用する際の注意

プラズマクリーナーは基板洗浄に利用される装置であり、効率よく歩留まりの良い電子機器を製造するためになくてはならないものとなっていますが、その利用を行う上では様々な点に注意をする必要があります。プラズマクリーナーはプラズマの原理を用いて基板の表面で放電現象を起こし、その効果により表面の埃や塵を取り去ると同時に基板の表面を傷つけ適度に荒らす効果を持っています。これによりワイヤーブラシで基板の表面を擦り傷つけたのと同じような効果をもたらすものとなっていますが、そのプラズマの放電を発生させる際の電圧や時間には十分に注意をしなければなりません。放電電圧が高すぎると基板を破壊してしまうことになり、様々なトラブルを発生させてしまう恐れがあります。

一般的に基板の表面にはパターンと呼ばれる部品同士を電気的に接続する回路が印刷されていますが、これを焼き切ってしまう恐れがあるため十分に注意をしなければなりません。プラズマクリーナーの放電電圧が低すぎると十分に表面を荒らすことができず、またほこりやゴミなどを取り去ることができないため様々なトラブルをもたらすことがあります。十分な接着力を得ることができないほか、ゴミやほこりなどが不具合の原因となることも多くなります。そのため、プラズマクリーナーを利用する際にはその電圧の制御に細心の注意を払うことが重要であり、熟練した作業者が操作をする必要があるのがポイントとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です