プラズマ洗浄装置の効果

プラズマ洗浄装置はプラズマの力を利用して様々な物質を洗浄するばかりでなく、その表面積を大きくするため接着能力を高めると言う効果を持っています。この用途が最も適しているのは電子部品を実装する基板洗浄であり、そのために電子機器を製造する工場等では非常に頻繁に用いられるようになりました。プラズマの原理は一般的に知られている雷と同じで、高い電圧を発生させるとその電位差により急激に放電が始まり、その衝撃で周りのものを破壊してしまうと言う性質を利用しているものです。プラズマ洗浄装置は比較的低い電圧でプラズマを発生させることにより破壊する度合いを必要最小限にしながら、効果的に基板のほこりや汚れを吹き飛ばし、さらにその表面を適度に荒らすことができるため非常に効率の良いものとなっています。

一般的に基板洗浄はその表面をきれいにするものと考えられていることが多いのですが、最近では部品の実装を行う際に接着剤を利用することが主流となっており、また集積が進む現在では電子部品が非常に小さくなっていることから、接着力が不足していると小さな衝撃で外れてしまうといった問題が発生する危険があります。電子部品が外れてしまうと動作に悪影響を及ぼしてしまうことから、製品の品質自体が悪化することにもなりかねません。そのため確実に基板の表面を荒らす必要があり、さらに余分なゴミなどを除去することも必要であるため、この両方を同時に行うことができるプラズマ洗浄装置は非常に効果のあるものとなっています。プラズマ洗浄装置のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です