プラズマ洗浄装置を紹介

プラズマは、物質の状態変化の最終段階にあたるといわれています。物質は固体と液体、気体にそれぞれ変化をしますが、気体をさらに電離させた状態がプラズマです。これは中性気体とも称されており、さまざまな電気装置に用いられています。一般的には低プラズマ装置と大気圧プラズマ装置に分けられていて、真空環境を必要とするか否かが相違点となっています。

前者は真空環境を必要としますが、その分ガスは用いません。後者の場合だと全く逆の性質を持ちます。この原理を生かした道具の1つが、プラズマ洗浄装置です。この装置は、プラズマによって作られたエネルギーを生かして汚染物質を除去します。

このエネルギーには荷電粒子が含まれていて、汚染物質に結合すると水や二酸化炭素に分解できます。プラズマ洗浄装置を使うメリットとして挙げられるのが、反応や分解が早いために効率良く作業を進められることです。加えて環境にもやさしいので、現代社会においてニーズは非常に高くなっています。ただし、プラズマ洗浄装置を使うにあたって注意しなければならないポイントもあります。

それは、専用の耐圧容器や真空ポンプが必要となる可能性があることです。プラズマガスを発生させるためには、高圧電流及びマイクロ波が欠かせません。これらを生成するための環境づくりが重要となるのです。耐圧容器や真空ポンプを揃える上では、コストも多めにかかるでしょう。

しかし、その分とても役立つので専用の装置にも投資すべきだといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です