プラズマ洗浄装置の主な働きとは

プラズマ洗浄装置を使うとプラスチック・金属・アルミニウム、ガラスなどのコーティングで最適な条件を整えられます。大気圧プラズマでドライプラズマクリーニングをすることで材料の処理をすぐに連続して行え、プロセス全体を清浄に保ててコストの効率も高められます。プラズマ洗浄装置のプラズマエネルギーの準位は高くて、材料表面の化学物質や有機物質の構造を選択的に破壊することも出来ます。超微細クリーニングなら高感度表面からも不要な物質を完全に取り除けて、これを行うことでその後のコーティングで最も最適な条件に出来るのも特徴です。

プラズマ洗浄装置の超微細プラズマクリーニングだと、添加剤の効果で初期段階で表面に固く付着した極小の埃の粒子もプラスチックから取り除けて、プラズマ効果で基材から粒子を完全に分離させられます。自動者業界・モバイル通信の業界では、高価な塗装面やコーティングの不良率をかなり下げることが可能で、ナノレベルの化学物理反応を利用することで精密な設計をした表面でも高い品質で生成させられます。クリーニング率100%で希釈効果なし、他の消耗品も不要で材料構造の先端部以外に表面トポグラフィー全体をクリーニングし、新しい空間が不要で製造ラインへのインラインでの組み入れや経済性にも優れていて環境面でも効率性に優れた前処理が可能となります。処理にはコロナやフレームなどの装置もありますが、どれも基材表面を化学的に改質することが目的で呼び名は違っても実はプラズマに全て関係してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です