プラズマ洗浄装置が役立つ飲食業界

飲食業界では、2020年4月から時短営業を余儀なくされる事態となりました。大型レストランから居酒屋まですべての店舗が対象で、なかにはこの影響を受けて店じまいをしたところもあるほどです。事の発端は2020年2月に中国・武漢で発生した新型コロナウイルスに起因をしており、これから10年以上もの間は新しい生活様式で暮らしていかないといけないでしょう。飲食店にとっては試練の時期ともいえますが、それを打開すのに役立つものがプラズマ洗浄装置です。

ここで簡単にプラズマ洗浄装置の概要について見ていきましょう。以前は病院や介護施設といった限られた施設でしか使用をされていない機材で、除菌・抗菌を実現するアイテムです。ボックス型となっており、内部で紫外線と陽電子を放出して対象物を消毒することが可能になります。ウイルスはタンパク質になっているため、プラス極の電荷を浴びると細胞単位で消滅をするわけです。

プラズマ洗浄装置を使用すれば、コロナウイルスであっても消滅をさせることができます。飲食店で懸念されているのが、飛沫と唾液によるクラスターの発生です。それを防ぐのにプラズマ洗浄装置は大いに役立つと言えるでしょう。家電メーカーでは食器洗浄機にプラズマ洗浄装置を搭載した専用機材も開発されています。

これまで使用してきた厨房器具に付加価値として備わったものを設置すれば、すぐに活用できるので飲食店への導入をおすすめできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です