高齢者施設でプラズマ洗浄装置が活用される事例

日本だけでなく、世界各地で2020年以降は生活様式が一変しました。すべては新型コロナウイルスの蔓延によるもので、一日に何十回とアルコール消毒をして清潔に保ち、さらには外出時は必ずマスクを着用することも暗黙のルールとなったわけです。これは国内だけでなく世界共通のルールで、今後は一般化していくことでしょう。高齢者がたくさん集っている老人ホームでは、政府と厚労省によってプラズマ洗浄装置の導入も推し進められています。

そこでここでは簡単に、なぜ高齢者施設でプラズマ洗浄装置が必要なのかについて解説をしていきましょう。100人規模の大型施設に限定をされていますが、ここで使用されている食器や寝具を洗浄するのにプラズマ洗浄装置が活用されるようになりました。それはクラスターの発生を抑制するためであり、新型コロナウイルスが付着したものをしっかりと除菌することができるからです。新型コロナは高齢者が感染すると、命を落とす危険性が大きいものです。

1ミリ程度の少ないウイルスでもクラスターを引き起こす恐れがあるため、政府と分科会・厚労省ではプラズマ洗浄装置を購入する助成制度も急遽用意をして対応しています。プラズマ洗浄装置は一台当たり約200万円もする機材ですが、大手家電メーカー各社では簡易的なコンパクトな装置も生産されるようになっています。今後はもっと購入しやすくなるので、自宅で介護をしている方も導入を検討してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です